書類の保管から廃棄までお任せください!安心・便利・安い 比較ください。 このサイトは消費税別の表記です

書類廃棄回収のご依頼が「かんたん」に!!箱管理システムからのご依頼が可能になりました

キャンペーン好評につき延長決定!ただ今、全国無料集荷キャンペーン実施中 なんと集荷送料、集荷手配料無料

書類廃棄サービス(倉庫保管中)

安心、低料金で機密書類等の廃棄処理承ります。

重要な個人情報や機密文書をむやみに処分していませんか?

迅速・安心・確実に廃棄しています

個人情報保護法が施行され、個人情報の識別できる書類の適切な処理が求められております。
安易に回収業者に委託すると、思わぬ所から機密情報、個人情報、マイナンバーなどが漏洩する危険があります。
弊社はプライバシーマークを取得し、官公庁や大手企業様などにもご契約いただき、重要な書類の保管から廃棄まで一連の業務を承っています。
不要になった重要な書類の廃棄方法やコストの見直しをお考えの際は、ぜひご利用ください。

機密性を保ったままリサイクル

古紙リサイクルで環境と暮らしにやさしく

お引取りさせて頂きました書類箱は、機密性を保ったまま、資源ゴミとして当社指定溶解工場にて溶解処理し、トイレットペーパーなどにリサイクルされます。
トイレットペーパーの販売もおこなっておりますので、ぜひご利用ください。
破砕(シュレッダー)処理に比べ、紙繊維を裁断しない為、リサイクルされ易く環境により貢献できます。

▼機密書類が紙リサイクルされる様子です

書類箱の期限切れ溶解処理について

弊社保管中の箱に設定された書類保管期限が到来した場合、期限延長、返却、溶解からいずれかを選択いただき、溶解の指示をいただいた場合は、書類箱ごと原則未分別のまま、機密書類溶解工場にて溶解処理します。

お預かりした保管箱の廃棄処理は、1箱300円(税別)の特別料金で処理、低コストな上、廃棄専用の箱に詰め替える等の手間も掛からず、多くのお客様からご好評をいただいております。

各担当者様より受けたご依頼を、『箱管理システム』管理者様に再度確認いただく二重チェックで大切な書類を間違って廃棄してしまうこともありません!!

※廃棄(溶解)処理できる内容は、紙類になります。
書類及び書類を保管する為の紙ファイル、クリップ、少量のクリアファイルは可。

リサイクル

  • プラスチック、金属など不純物の混入が無ければ、原則分別することなく書類箱ごと溶解処理することができます。不純物が含まれる場合は、抜き取り作業が必要となる場合がございます。(その際は、弊社内にて社員が抜き取り作業しますのでプライバシーも安心です。)
  • 未開封を希望される場合であっても、音や重さなどで不純物が含まれていると疑わしい場合は確認させていただく場合があります。
  • プラスチック、金属など不純物が多量に含まれる場合は、別途処理費用や返却費用が発生する場合があります。また、個人名記載のカード類(社員証、保険証など)は溶解できませんのでご注意ください。

保管期限を設定している保管中の書類箱の期限が到来した場合、
『箱管理システム』画面上に下のメッセージが表示されます。

お客様側で以下のいずれかの手続きをお願いします。
(保管期限切れ対象書類箱の手続き完了まで、お知らせメッセージが『箱管理システム』上に継続して表示されます。)

  1. 保管期限を延長し、継続して保管する
  2. 保管箱を出庫し自社で管理する
  3. 書類箱を廃棄する
    (※但し、紙資源としてリサイクル可能なものに限ります。)

1.保管期限を延長し、継続して保管する場合

箱登録管理メニューから期限延長対象の箱を選び【編集】ボタンをクリック

保管期限を修正し、【更新】します。

期限延長後、再度保管期限が到来しましたら、
「保管期限切れに関するお知らせ」メッセージ
が『箱管理システム』に表示されます。

2.保管箱を出庫し自社で管理する場合

出庫依頼メニューより、返却(出庫)対象箱を選択し、
【カートに入れる】をクリック。

その後の操作も通常の出庫依頼と同様です。

お届け日時、場所等を確定させてください。

3.書類箱を廃棄する場合

廃棄依頼は『箱管理システム』にログイン可能な方であればどなたでも依頼可能ですが二重チェックの為、『箱管理システム』管理者様宛てに最終確認メールが届きます。
『箱管理システム』管理者様の同意が無い場合は、廃棄処理されません。

廃棄依頼メニューより、廃棄対象箱を選択し、
【カートに入れる】をクリック。

選択内容に間違いがなければ、【廃棄依頼する】ボタンをクリック。

再確認の画面です。間違いがなければ【廃棄依頼を確定する】ボタンをクリック。

廃棄依頼確定後、『箱管理システム』管理者様宛てに廃棄の最終確認のメールが届きます。
選択内容に間違いが無ければ【廃棄依頼を承認する】のボタンをクリックしてください。

管理者様は1箱でも不都合な箱がある場合は【廃棄依頼を否認する】のボタンをクリックしてください。

否認する場合は、再度、廃棄対象箱の選択から順に操作を行ってください。

『箱管理システム』管理者様で廃棄依頼の承認がいただけましたら、弊社にて溶解による廃棄処理手続きを行います。

約2週間程度で処理が完了し、詳細画面より「溶解証明書」もご覧いただけます。

当社で保管中の書類箱を廃棄する場合はサイズに関わらず、1箱300円(税別)の特別料金となります。 ・・・詳しい内容につきましては保管切れ書類廃棄サービスをご覧ください。

また、東京都(中央区、千代田区、港区、新宿区、渋谷区)、大阪市で当社で引き取り可能なエリアは、さらに特別料金書類廃棄承っています。
・・・詳しい内容につきましては書類廃棄ドット東京書類廃棄回収サービスをご覧ください。

書類の長期保管でお困りの事務所様へ新プラン誕生!最大50%OFF!!詳しくはこちら

機密書類保管サービスの箱管理システムは書類保管箱を一括管理!!詳しくはこちら

運営会社:国土交通省認定倉庫
ストレージサービス株式会社
【書庫事業部】
大阪府豊中市服部寿町2-20-1
【本社】
大阪市西区南堀江2-21-14

このページの一番上へ